ブログトップ

SnowDrop☆grandmaの不思議ワールド

snowdrop3g.exblog.jp

京都の旅(下鴨神社、糺の森、河合神社)

青もみじがキラキラ…、まだ紅葉には早い京都です。
d0280520_2320179.jpg

東寺拝観の後、遅い朝食を摂って一息。
娘と姉と駅で合流し、下鴨神社(賀茂御祖神社)へ参拝。

手回しよく、バスの回数券1000円分を買って、
バス停で地図を見ている間に、
どこかに吹っ飛ばされたようで(風が強かったの)、
どこを探してもない―ない――(:_;)
すごい観光客だらけだったし…。

娘に、会った瞬間、「まったく、ドジなんだからぁ」の一言に、
旅の始まりにやーな気分。
もう一回、回数券買って…。
しょうがない、京都市バスに寄付じゃ~(≧▽≦)

気を取り直して、世界文化遺産の下鴨さんの鳥居をくぐりました。
d0280520_2329296.jpg

この神社の御祭神は、「かもたけつのみのみこと」と
「たまよりひめのみこと」。
「かもたけつのみのみこと」は「古事記」の中では、
古代国家創設の為、
八咫烏(やたがらす)となって、
神武天皇をご先導した神話が残っているとか。

「やたがらす」といえば、三本足のカラスのことで
「日本サッカー協会」の
シンボルマークにもなっています。
サッカー必勝の守護神としても有名です。
d0280520_2349774.jpg

朱塗りの中門。重文で御本宮への門です。
12日は吉日でご婚礼のカップルが数組、
記念写真に収まっていました。
ここは、縁結びの神様ですから、
きっと幸せな家庭を築かれることでしょうね。
心の中で「おめでとう」と言いました。
d0280520_23591941.jpg

重文の「橋殿」年中祭事の際、芸能などが奉納される社殿。
d0280520_0103895.jpg

今回の特別展示は、御所車や、重文の「大炊殿」(おおいどの)、
「葵の庭」(別名かりんの庭)など。
d0280520_025295.jpg
d0280520_025305.jpg

「大炊殿」(おおいどの)は、御供え物を調理する場所だそうです。
d0280520_0251383.jpg

d0280520_0285883.jpg

双葉葵が自生していたとされる「葵の庭」は、
「文明の乱」(室町時代)の際、
焼失したといいます。
この庭が再興された時、
植えられた「かりん」が
古木になって有名です。
d0280520_0365551.jpg

ここで、名物さるやの「申餅」
小豆のゆで汁でつけた色
「はねず色」のあん入りのお団子を頂きます。

「はねず色」は、明け方の一瞬、
空が薄あかね色に染まる様子だそうです。
命の生まれる瞬間を表すとのことで、
日本の言葉の美しさを感じますね。

団子、おいしゅうございました。

そして、太古の原生林の植生を残す
「糺の森」(ただすのもり)を歩きます。
この森は、東京ドームの約3倍の面積の自然林です。
賀茂御祖神社を囲み、本殿、社殿とともに、
世界文化遺産に指定されています。
d0280520_0493718.jpg

d0280520_0502785.jpg

d0280520_0505555.jpg

d0280520_0564396.jpg

水の清い小川の流れ、澄み切った空気の中に
懐かしさすら覚える森です。
ハイ、神様が住んでおりますね。

そして、「河合神社」へ。
女性守護、美麗の神様。
「たまよりひめのみこと」を祀っています。
「方丈記」の鴨長明(かものちょうめい)
の生家でもあります。
d0280520_1134378.jpg

鏡絵馬と言われる鏡型の木に顔が描いてあります。
それに、自分の使っている化粧品で色付けして、
そして、奉納します。
d0280520_1185711.jpg

これ、grandmaの鏡絵馬です♪
心の美しい人になれますように…。顔はもう無理ですから(笑)

追記…kirafuneさんのトラックバック記事
    「河合神社の美人水」も見て下さいね。

053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます058.gif
[PR]
by snow3grandma | 2013-10-20 01:27 | おでかけ | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://snowdrop3g.exblog.jp/tb/19847584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-10-24 07:41
タイトル : 河合神社の美人水
美人になりたい人、この指とまれ。 これが噂の「美人水」。 「石川や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たづねてやすむ」(By 鴨長明 『新古今和歌集』より) 枯葉の残る糺の森の中、瀬見の小川を渡り、 女性が美しくなれるという河合神社に行ってきた。 ご祭神は女性の守護神である玉依姫命(たまよりひめのみこと)。 境内には、長明の「方丈の庵」があった。 広さは、一丈(約3m)四方、畳で五畳半程。 この粗末な庵で、鴨長明はかの有名な「方丈記」を書いた。 シンプルな環境にいる...... more
Commented by mieti_3 at 2013-10-20 09:19
おはようございます☆

暑い時にしか下鴨神社に行っていないので
ゆっくり見た事がなく・・・・。

grandmaさんのお写真でゆっくり行った気分になりました(*^_^*)
ステキですね☆

河合神社にも行ってみたくなりました♪
可愛い絵馬☆
Commented by snow3grandma at 2013-10-20 13:08
みえちさんへ
暑い時期だと、歩くのに大変ですものね~(*_*)
きっと、紅葉の秋には、
素晴らしい景色でしょうね。
今度は、是非、春か秋に…、
絵馬を奉納して、美人祈願!縁結び祈願!>^_^<

雰囲気、感じ取って頂いてありがとう♪
カメラ慣れしていなくて、撮り忘ればっかり(笑)
Commented by mimuro♪ at 2013-10-20 20:16 x
私は多分、下鴨さんには行ったことがないんだろうなーと思いました。
だって、このお団子を食べたことがないから!

どこを訪れても食べ物以外の記憶がほとんどないので
きちんと記録を残しておけばよかったです・・

原生林、しゅんとした森の香りがしてきそう♪
香りだけじゃなくgrandmaさんのお写真からは
体温よりも少しだけ高いような、心地よい温かさを感じます。
Commented by snow3grandma at 2013-10-21 10:08
mimuro♪ちゃんへ
暖かいコメントありがとうございました♪
いつも、覗いてくれてありがとうございます。
肩こり、体調よくなりましたか?
きっと、仕事柄、根を詰めちゃうのかしら。

お団子屋さんは、「糺の森」と下鴨さんの
境目にあり、ちょっと一休みするかって気分の時に
出現します。おー、商売上手!って感じ。

心地よさを感じて頂いて、良かったわ。
自然は、どんなお薬より効果があるかも?

mimuro♪ちゃんのブログを、
grandmaのブログを通して知った方がいて、
面白いと言っていましたよ。
こうやって、繋がっていくのも、
不思議で楽しいです。
Commented by dekopon1002 at 2013-10-23 15:05
わぁ~ここが、あのお守りの?素敵~。
なんかね~最近ちょっと賢くなってきたよぉ~次男。
お守り効果かしらね?
朝と休み時間も、先生がお勉強の特訓中!
Commented by snow3grandma at 2013-10-23 21:46
でこちゃんへ
下鴨神社は、いろいろなご縁を結ぶ神社なので、
これからも、きっと、いろんないい出会いがあるね。
ぼーちゃんのことを助けてくれるよ、きっと。

お勉強、休み時間も?なの~。
Commented by iris304 at 2013-10-23 23:57
こんばんは ☆
京都は思い入れの強い街で 唯一何度も足を運んでいますが
下鴨神社 行った事がないのです。
上賀茂神社と字が違うなあなんて思いながら・・・・

糺ノ森 太古からの原生林 歩いてみたいですね。
どんな植物が生えているのでしょうか?

『はねず色』初めて聞いた色
色の辞典を見ましたが 出てなかった残念
明け方の一瞬、空が薄あかね色に染まる命の生まれる瞬間って
神秘の時ですね。
色々 教えて頂いてありがとうございます。
あいりす
Commented by snow3grandma at 2013-10-24 10:42
あいりすさんへ
grandmaも今回やっと参拝できました♪
京都は行きたい場所がたくさんありますからね(*'▽')

今度はもっとゆっくり、
森も歩いてみたいです。
樹齢200年から600年の大木が約600本
あると言われています。
アヤメ科のシャガの自生もあるようですよ。

日本の色の表現って、
情緒があって、
色合いに対しての
言葉の当てはめ方も
すごく的確な気がしますね。
日本人で良かったと思う瞬間だったりします(^_-)-☆
<< ブライス家の娘たち(アンブロ旅... 京都の旅(朝の東寺) >>