ブログトップ

SnowDrop☆grandmaの不思議ワールド

snowdrop3g.exblog.jp

ブライス家の娘たち(ジュネの袴着付け講座)

神社や街なかに
着物姿の子供たちを見かける季節です。
この連休は、「七五三」のお祝いも
ピークでしょうか。

ということで、今日はジュネちゃんの
袴姿の着付け風景をどうぞ。

まずは、髪にまげを作ります。
頭頂部の髪を少し取って緩めに結びます。
d0280520_20453211.jpg

結び目を持って、少し持ち上げ、
ふくらみを作り、ピンで留めます。
d0280520_20474336.jpg

前から見ると、こんな感じ。
d0280520_20483180.jpg

ふくらみの根元に、リボンを差し込みます。
d0280520_21122059.jpg

「瑠璃にゃんの裁縫箱」
の瑠璃にゃんさんから、
購入した女袴のセットです。
着物は合わせで、半襟もしっかり綺麗に
できているんですよ。
人間のものに近いです。
d0280520_2051214.jpg

まずは、補正します。
d0280520_2122383.jpg

半襟の下についている紐を、
半襟の後ろの紐通しに通して、
前に持ってきて結びます。
紐通しの布を下に引くと、
衣紋が抜けます。
d0280520_20591611.jpg

いい感じに抜けますね。
d0280520_2102856.jpg

着物を着せます。スナップを留めます。
着物の背中心と半襟を待ち針で
とめておきます。
d0280520_2174174.jpg

帯を巻きます。
d0280520_219930.jpg

後ろはこうです。
d0280520_21102661.jpg

d0280520_21132979.jpg

二巻したら、
左のおび端(手先)を上にして結びます。
d0280520_21144454.jpg

帯のタレ先からクルクルと3センチくらいに
すのこ巻きます。
d0280520_21165528.jpg

すのこ状の帯に
手先の帯を2回巻き付けます。
(文庫結びにします。)
d0280520_21255224.jpg

袴を履かせ、前の帯を少し出します。
d0280520_21265877.jpg

前紐を後ろにまわして、
文庫結びをつぶすようにして交差します。
その前紐は、前でも交差します。
d0280520_2128257.jpg

前紐を、後ろで交差した部分の下で結びます。
d0280520_21372891.jpg

d0280520_21404588.jpg

袴の後ろをつぶした帯の上にかぶせます。
d0280520_21423425.jpg

後紐を斜めに持ってきて、
前で結びます。
d0280520_21441830.jpg

はい、出来上がりました。
ほとんど、人間の着付けと同じに
着付けてみました。

grandmaは、娘も孫娘も、
3歳のお祝いは、満年齢でやりました。
袴姿にしたかったから(≧▽≦)

053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます058.gif
[PR]
by snow3grandma | 2013-11-01 21:59 | ブライス | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://snowdrop3g.exblog.jp/tb/19907681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 2741sm at 2013-11-01 23:48
こんにちは(*^ー^)ノ
とっても丁寧な着付け、スッキリしていて、気持ちが良いです。
袴姿に赤いリボン。最強のくみあわせです♥
乙女なジュネちゃんにピッタリです(*゚ー゚*)

過去記事、すこしずつ、楽しませてもらっています。
SnowDrop☆grandmaさんはトールペイントもされるのですね!
どの作品も、洋書の挿絵のようで、胸がときめきました♡
植物の絵はとてもすばらしい。。。
私は猫しか描けないんです^^;
Commented by りっこ at 2013-11-02 10:58 x
すごい!本格的ですね!!
SnowDrop☆grandmaさんは、何でも出来るんですね~^^
器用な方に、あんな飴送って、良かったのかしら^^;)w

頂いた、お洋服今日アップします!♪
ありがとうございました♪きゅんきゅんです♪
Commented by snow3grandma at 2013-11-02 14:32
ふなよいひめさんへ
コメントありがとうございます♪
過去記事も読んで頂いて、ありがとうございます♪
お褒めの言葉にうれし恥ずかしで
ございます~(^^ゞ

女子の袴姿って好きなんですよ。
「はいからさんが通る」とか(あっ、時代が古いね。)、
憧れて育ったものですから…。
ジュネちゃんの濃い茶髪は、
似合うと思って、気合入れて着せてみました(笑)

ペイントも着付けも、「昔取った杵柄」なんですよ。

ふなよいひめさんの、洋服作りのように、
早いピッチで作業できないのが、
悩みです(ノД`)・゜・。
Commented by snow3grandma at 2013-11-02 14:40
りっこさんへ、
出来ないこと、沢山ありありですよ。
ほとんどに手芸が自己流なんですから(^^;)
あっ、あと、ほとんどの運動苦手(ノД`)・゜・。

千歳飴、次の記事にアップしますよ~(^^)v
grandmaには、りっこさんの
作業は果てしなく無理なので、
また、可愛いのお願いします<(_ _)>

えへ、Fワンダちゃん喜んで頂けたようね。
こちらこそ、ありがとうございます♪
Commented by mieti_3 at 2013-11-02 16:49
こんばんは!

袴ってこうやって着るんですね〜☆
知らなかったです。

袴を着てみたかったなぁ〜♪
(*^_^*)

ヘアスタイルもステキですね☆
Commented by pokipoki51 at 2013-11-02 21:31
帯の結び方も人間と一緒ですね。
結婚前に着付け教室行ったのを思い出しました。
着物もたくさん持ってるのに、お茶はやめたから着る機会がありません。
せめてmomokoに着せてあげようと思います。
袴の着方は知らなかったです。勉強になりました。
Commented by marumajiroom at 2013-11-02 21:40
かわいいっ。ジュネちゃんの袴姿、かわいい~(*´∀`)
NHKの連ドラを見るたびに、
女の子の袴姿はなんて可愛いんだろうと思ってしまう~。
濃い栗色の髪のジュネちゃん、
まるで明治・大正時代の女学生みたいですよね(*´∀`)
袴、欲しいなあ。
いつか手に入れたら、grandmaさんのこの着付け解説を
参考にして、可愛く着せてあげたいです♪
Commented by snow3grandma at 2013-11-03 11:06
みえちさんへ
なかなか、袴をはく機会はないですから、
知らない人が多いですよね>^_^<

着物は、是非機会を見つけて着てみてね!
Commented by snow3grandma at 2013-11-03 11:12
pokikoさんへ
お茶を習ってらしたのね。
grandmaは、お茶は習ったことがないの^_^;

それなら、思い出せば着付けはOKですね。
着る機会ないのが、問題なんだけどね…。

瑠璃にゃんさんのSHOPには、
momokoの袴が出ていたけど…。
似合いそうだよね。
Commented by snow3grandma at 2013-11-03 11:16
まるまじちゃんへ
ジュネちゃんが一番似合いそうと思ったのよ!(^^)!
女学生風というより、七五三のイメージで、
撮ってみたよ。
次の記事で画像アップしますね。

他の子にも、着せてみよっと(≧▽≦)
Commented by chocorachocora at 2013-11-04 16:29
わ~人間と同じですね。
すごく着付けを真剣に観察しちゃいました。
だって、もう1年と半年したら、きっとぶりこが短大の卒業式に袴着ると思うから。
・・・って言っても私が着せるわけではないけどね。

grandmaさんって本当に起用で何でも出来て尊敬します。
Commented by snow3grandma at 2013-11-04 21:07
maama さんへ
そうね、ぶりちゃんは短大生だから、
袴姿で卒業かぁ。可愛いだろうな~(≧▽≦)
今の貸衣装は、とっても色や柄の種類があって、
選ぶのも楽しいよ。

いやいや、尊敬だなんて…^_^;
いつも、ありがとうございます♪
出来ないことも沢山あるんですよ~(笑)
Commented by dekopon1002 at 2013-11-05 11:39
素敵~☆
髪結いも着付けも本格的だよ~。
私が持ってるブライスちゃんの着物は、ワンタッチ式だからさ~。
キリッとして、凛々しいね。
七五三よりも大人っぽく感じる。
「ハイカラさんが通る」を私もイメージしたのでした。
Commented by snow3grandma at 2013-11-06 19:59
でこちゃんへ
瑠璃にゃんさんの着物は、
本格的なので、とっても着せやすいですよ。
着物も古布の正絹なので、
体になじみました。

そうね、七五三というより、
「はいからさん」になっちゃったかも(^^;)
<< ブライス家の娘たち(ジュネの七... 京都の旅(嵯峨野) >>