ブログトップ

SnowDrop☆grandmaの不思議ワールド

snowdrop3g.exblog.jp

タグ:気づき、ひらめき ( 22 ) タグの人気記事

好きこそものの上手なれ♪

今週の日曜日のこと。
やっと、Yちゃんの2回目のダンス発表会も終わり、
レッスンや打ち合わせにつき合わされた
あわただしい夏が終わりました。

そして、お部屋には
年に一度のたくさんのお花(^^♪
フェアリーが飛び回っています。
d0280520_21552400.jpg
発表会を見に来てくださったお友達から、
たくさんの花束を頂きました。
有難いことです。
d0280520_21575991.jpg
食事中に、
Yちゃんが、テーブルに置かれたお花を見て、
「お花見ながらのごはんは美味しいね。」だって。
普段、生花がテーブルを飾るのは、
特別な日しかないものね。
d0280520_22021329.jpg
Yちゃんのお蔭で、
grandmaは、たくさんのフェアリーに癒されています。
d0280520_22061049.jpg
今は、バルーンとお花を組み合わせたアレンジ
なんかもあるんですよ。
このアレンジを作ってくれたのは、
すごい昔にトールペイントを習いに来てくれていた
生徒さんだった方。(昨年、偶然お店に行って、
再会しました。)
その頃から、「バルーンと花のお店」を
開きたいと夢を語っていましたが、
言葉通りお店を出して順調なご様子でした。
継続して目標を持ち続け、
それを口に出して言うことが、
成功に繋がるというのは
あながちうそではないようです。
d0280520_22125345.jpg
Yちゃんもずっとダンスが好きで
続けていけたらいいのになと、
grandmaは期待しているんだけど…。
d0280520_22210646.jpg
通っているダンススクールは、
「リトルさんには、ダンスが好きになることしか
教えません。」と先生は言います。
家でのダメ出しも禁止。
ダンスが嫌いになってはだめなんですって。
芸の道は、昔から厳しいものです。
それは、好きでなければできないですね。

ジュニアクラスに上がると、
週3回以上通う子供が多くなります。
自分で下手と思ったら、
練習を重ね、追いつけ追い越せの世界。

憧れのセンターを取る為には、
競争が当たり前。
この舞台が終わると、受験生は少し遅れて、
追い込みに入るので、
センターを目指す子供たちにしたら、
頑張り時なのだそうです。

今は、幼稚園や学校でも主役を何人も立てたり、
競争をなくするような教育が主流なのでしょうが。
grandmaは、競争して育ってきた世代なので、
普通に受け入れられますが、
皆さんはどうなんでしょうか?
d0280520_22551401.jpg
そして、福島に住んで被災した子供たちだけれど、
「被災者にならない」というスローガンのもと、
市内各所に出向き、ダンスパフォーマンスで、
元気を届けているんです。
人から、「感動したよ。」「楽しかったよ。」
と言ってもらえる舞台に仕上げるには、
単なる習い事の域では済まされないのかもしれません。
先生のダメだしにも熱が入っています。

今回の舞台もプロ並み?のとても素晴らしい演出で、
元気をもらうことができました。
(いつもコンテストでは上位団体だそうです。)
いつダンスを見ても、思うことに、
「笑顔」と「心が入った演技」はどこから
生まれてくるのかな?っと。
答えは孫娘Yちゃんが、ダンスを続けてくれたら
わかるのかもしれないな。
それを楽しみに生きていこ(^^♪

日々精進し継続すること、
競争する心も、
何事にも必要ってことね。
日々年老いてゆくgrandmaにも(笑)


053.gifいつも遊びに来てくれてありがとうございます063.gif


コメント、ご訪問いつもありがとうございます♪
お返事が少し遅れますとともに、
ブログのお邪魔するのも、ゆっくりペースです<(_ _)>



応援ありがとうございます♪
お帰りにポチして頂くと、
うれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by snow3grandma | 2014-09-02 23:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)

結婚相手として…?

お盆ですね。
grandma地方では、
お盆恒例の「じゃんがら念仏踊り」の
太鼓や鉦(かね)の独特な音が
新盆のお宅から聞こえてきます。
「じゃんがら念仏踊り」は、
地域の若者が継承している
伝統的なもので、新盆のお宅を巡るのが
習わしとなっています。

皆様のところでも、都会で就職した子供が帰ってきたり、
親戚が集い楽しく過ごされているでしょうね。
d0280520_13492905.jpg
さて、数日前、
友人と話していた時のこと。
息子さんから、「彼女を連れて帰るから。」と連絡が
入ったそうで少し憂鬱そうな顔をしていました。
あともうすこしで、三十路を迎える彼が、
そう言っているということは、
きっと結婚を意識してに違いない。
「あら、良かったじゃないの。」と
grandmaは即座に言いましたが、
どうやら、そうでもなさそうで、
「そうね、いいお友達ってことでね…。」。

よくよく聞いてみると、
彼女は、結構売れっ子な画家さんだとか。
「息子は、末っ子でわがままだし、
お仕事が忙しくてごはんも作らないんじゃ…。
普通の女の子だったら良かったのに。」と、
何が心配なのかわからないけど、
「画家」という職業がどうもお気に召さないご様子。

大体、連れてくる子がどこのだれであろうが、
ほとんどの親が、自分の価値観や理想でものを
言ってしまうんですね。
ちょっと、派手な子だとか…、変わっているとか…。
たまに、いい子なのよ~もあるけど。

普通ってなんでしょうね~。
grandmaは、
上の彼女には頑張ってもらいたいと、
思っちゃったりしますけど…。
その年齢で才能があって、
それが認められていて、職業にできること、
すごく素晴らしいことだと思うの。
ご飯を作って、お家で待ってる主婦?が
普通とは限らないわよね。
d0280520_14131781.jpg
ふっと、今頃、
「僕の彼女です。」なんて紹介してるかな?
なんて、思ってしまう…。
彼の小学生の頃の記憶しかないからね。

こうやって、みんな大人になっていくんだな。
そして、反対されないまでも、
「いいお付き合いで。」とか言われた暁には、
「絶対に結婚するんだ!」なんて意地になるよね。

きっと、自分が父母の年齢になった時、
同じようなシュチエーションに出会ったら、
親の気持ちがわかるんだろうな。

実は、grandmaも夫の実家に初めて遊びに行ったのは、
お盆だったなぁ。どう思われていたんだろう。

お盆とは、そういう季節でもあったりする。

053.gifいつも遊びに来てくれてありがとうございます058.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by snow3grandma | 2014-08-13 14:31 | 日々のこと | Trackback | Comments(14)

充実の1週間?

ただいま~♪
意外と早く、PC復活できました。
少し、動作が不安定ですが…。

ずっと、ネットワーク接続が「制限あり」の表示が出て
切れる状態が続いていて、
ルーターのファームウェアを更新すれば
直るらしいとネットで調べて、
更新しているうちに、PCが固まってしまったの。
d0280520_23305266.jpg
ルーターも反応しなくなって、
NTTのリモートサポート使って、
調べてもらったら、ルーター破損していた!
一年ちょっとしか使ってないのにさ。

急いで、新しいルーター買ってきて、
今日、リモートサポートさんに教えてもらいながら、
接続したよ。最近の機器は、昔より簡単になったものね。
d0280520_23402219.jpg
昨日は、新しいレースカーテンを取り付けてもらったの。
ビリビリのレースカーテンを、
名残惜しむかのように、匂いをクンクンするニャンズ。
d0280520_23473550.jpg
こうやって、くぐったりして、
遊んでいたのよね。
2匹のバトルのお蔭で、どのカーテンもビリビリだよ。
d0280520_23493305.jpg
先週、パッションフルーツの記事を投稿した日に遡ると、
その朝早く、電話が鳴って「Yちゃんの咳がひどいので
病院に連れて行って。」と。
暴風雨の中、小児科に行き、
一日いっぱい、遊びにお付き合い。
そして、次の日も。
その次の日も。
咳がひどくて、夜が眠れないので、
一日中、機嫌が悪いし、咳のし過ぎで吐き戻すような状態のYちゃん。
お世話も、だんだん嫌になってきた~(-_-;)
d0280520_23562758.jpg
そんな、土曜日のこと、
娘が結婚式に出席するのに、
礼装用のサブバックを貸してあげようと、
いつもの場所を探したの…。
そしたら、どこを探しても、ない、ない、ない??
最後に使ったのは、
3月の母の3回忌法要の時。
まさかと思って、そのバックに入れていたお数珠を探したの。
そしたら、自分のお数珠も母の形見のお数珠もない、ない??

と、いうことは、3ヶ月も経ってから、
落し物、忘れ物に気がついた!!

それから、Yちゃんを看病しながら、
立ち回り先に、全部電話して探してもらったし、
家の中もすべて探したけど、出てこないの。
d0280520_00032744.jpg
母の形見のお数珠。ショックで、
何もする気がなくなってしまいました。
「脊柱管狭窄症」と診断されて、
大変な時期を過ごしていたとはいえ、
持って帰ってきたかどうかも、
記憶がすっ飛んでしまって
いることが悲しかった。

日曜日は、一日、ミシンを踏んで、
何も考えずに過ごしたよ。
何か作っていると、忘れられるからね。
d0280520_00115127.jpg
そうして、月曜日の朝、
起きた瞬間に、頭に浮かんだこと。
「きっと、母が助けてくれていたかも。」って。
法要の後、東京で遊んでいた時も、
すごい坐骨神経痛で、歩くのがやっとだったもの。
そこで、緊急入院なんてことになっていたら…、大変だったわ。

そう思おう。
悪いことでも、辛いことでも、
無くなったものは仕方ないもんね。

3日間のYちゃんのお世話で、
疲れ果て、無くしたもので落ち込み、
ルーターが壊れ…。
そ、充実の1週間ってことね。

さ、もう眠気MAX。
明日から、
少しづつ、皆様のブログにもお邪魔いたしますね。


053.gifいつも、お立ち寄り頂きありがとうございます056.gif




応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by snow3grandma | 2014-06-19 00:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(16)

バースディセッション(今年のインナーチャイルドカード)

一ヶ月って早いです。
誕生月も、風のようにさーっと駆け抜けてゆきました。
grandmaにとって、
新年、節分とともに、誕生日は自分の今を顧みて、
気持ちを新たにする日、
そして両親に感謝する日です。
d0280520_09412161.jpg
もう先月になってしまいましたが、
セラピストの「天使の森」のkeikoさんの
バースディセッションを受けました。
体調の関係から、いつもセッションを受ける時は、
「天使の森」まで行くところを、
今年はお手紙で頂きました。

インナーチャイルドカードの
grandma的説明はこちら→「インナーチャイルドを癒して
d0280520_09413671.jpg

今年のカードは、「Snow White」(白雪姫)。
このカードで、一番気になるところ。
それは、個々に違うわけですが、
grandmaの友人、娘は「毒りんごを持った魔女」。
どう思ったかは、語ってくれませんでしたが。

grandmaは「疲れて眠っている白雪姫」。
継母に殺されそうになっても、
助けてくれる人が現れて、
幸せな結末が待っていますね。
と、grandmaは、
ポジティブにとらえました。

grandmaは、ご先祖さまやたくさんの人?に
守られています。とっても感謝しなければいけませんね。
どんな時も、心の声を聞き逃さないようにします。
でも、心が疲れていると聞こえにくくなります。
そんな時は、家族だったり、友人だったり、
セラピストさんだったり、
聞こえないことを伝えてくれる人が必ず現れて、
元気なgrandmaに戻ることができるんです。


keikoさんからの言葉の中に、「今までやってきたわくわくすることを掘り下げ、
現実的に生かす。」とキーワード「マザーテレサ」とありました。

わくわくすることは、たくさんありますね。(ドールのこと、創作すること。)

今までもgrandmaの創り出したもので、
一瞬でも幸せを感じてもらえるという、
grandmaにとっての最大の喜びを頂いてきました。
これも、続けていけたらいいな。

マザーテレサは、「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、
病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、
誰からも世話されない人のために働く」を目的とし神の愛の宣教者会を設立し、
世界中の貧しい人々のために活動を行った修道女。
d0280520_09415332.jpg

grandmaの好きな、マザーテレサの言葉を3つ。

〇あなたは、あなたであればいい。

〇愛されることより

 愛することを。

 理解されることよりは

 理解することを。

〇今、この瞬間幸せでいましょう。

 それで十分です。

 その瞬間、瞬間が、

 私たちの求めているものすべてであって、

 他には何もいらないのです。

(grandmaは、無宗教ですが、過去世は修道女??、
テレサさんの言葉はスーっと入ってきます(笑))

d0280520_11002555.jpg

小さな社会貢献だけど、
ずっと続けていること…。
これからも続けていけたらいいなぁと思っています。

いつも、感謝の心。
いつも、笑顔。
競わない、こだわらない。
身体(腰)の痛みはそれを教えてくれました。

今年も一年、素敵な出逢いがありますように。

053.gifいつも、お立ち寄り頂きありがとうございます056.gif

政七さんのおふきんと水晶のマッサージワンドをプレゼントで
頂きました。grandmaのテーマカラーはグリーン。うれしくなりました。
keikoさん、ありがとうございました♪





お帰りにポチとお願いしますね♪
どうもありがとございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by snow3grandma | 2014-06-01 11:47 | 気づき、ひらめき | Trackback | Comments(20)

腰さんよく働いたね、ありがとう♪

個人的な病気に話なので、
長くなりますが、この手のお話が苦手な方はスルーしてね^_^

3月に、整形外科受診して、
「坐骨神経痛」だと診断されたgrandma。

追記
「坐骨神経痛」とは、「腰部脊柱管狭窄」、「腰椎椎間板ヘルニア」、「梨状筋症候群」などが
原因で腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって
坐骨神経が圧迫され引き起こされる、下半身に痛みやしびれ。


そして、「脊柱管狭窄症」と。
原因は、第4腰椎のすべり症によるものでした。
その後のMRI検査で、
背骨の神経が圧迫されてすっごく細くなっているのも、
みてとれました。
d0280520_22195401.jpg

Drから「生活を8割にして、
進行を遅らせるしかないね。このままだと、
歩けなくなったり、排泄とかにも影響が出るよ。」と、
歩けなくなる?脅し?と思えるような言葉に、
ショックを受け、しばらく落ち込んでいました。

実父母の介護で何年間か、
一人で介護して無理もしたし、
母方は皆、腰が曲がってるし、
母はすべり症だった…。
腰痛くらいって、ほっておいたかもしれない。

「老い」だから認めるしかない、
いや、認めたくない…。
なんでだろう?と心の中がぐるぐるしていた訳で…。

痛み止めで、
痛みはなくなったものの、
片足のしびれが以前よりも強くなって、
歩けるけれど、
ちょっと無理すると、
次の日が疲れて、家事も休み休み。

この状態が続くようなら、
ブロック注射、手術と言われたけれど、
これはリスクを伴うのと、
家族の都合もあって、
悩んでいました。
d0280520_22303618.jpg
この一ヶ月、
うわぁ、困った!~、
これじゃ、どこにも遊びに行けないし、
写真を撮りに遠出もできないよ~。
チクチク作業も長時間できないじゃん。
整形外科でいっしょになった患者さんに
「お若いのに…」と言われ、
ますます落ちこんだ。→(単なる負けず嫌いです。)
そうだよ、まだ還暦前なんだよって(ノд・。) グスン

「普通」っつうのは、一体誰が決めたんだろ?
だれかに比べて、
何かに比べて、
出来ないこと、
劣ることばかり、
見つけたいんだよね。
どんどん、自己嫌悪に陥った。

そんなgrandmaに、ある人からメールが来たの。
「grandmaさんの腰さん、ありがとうございます。
いっぱい働いてくれてありがとうございます。」と。

はっと、気付いた!
悪くなることばっかり考えて、
ここまで頑張って来た「grandmaの腰さん」を、
いたわる言葉をかけてなかったこと。
この後におよんで、
まだ、普通に家事をこなそうと
しているgrandmaがいました。
d0280520_22483464.jpg
もしかしたら、
自然治癒力をフルに使って、
痛みを軽くすること(筋力をつけるとかして)
できるかも…なんて気になってきました。

生きている限り、老いていくわけで、
それには個人差があるのよ。
そう言い聞かせ、
今、できること、
それをやっていこうと。

何事もほどほどに。
夫にも、できないことはできないって言おうっと。
どうしても、がんばりすぎちゃうから…。

「腰さん、ありがと。
これからは、のんびりいこうね。」

前記事を見て、心配してくださった皆様には、
とても感謝しています。v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v

メール、コメントで、優しい言葉をかけて下さった友人、ブロ友さま。
台所仕事が辛いだろうからと、
おかずを作って、冷凍にして送って下さった先輩主婦様。
それは、みんなgrandmaの力になっています。

これからも、体調次第で、
コメントのお返事が遅くなったりしますが、
気長に待ってくださいね。


053.gifいつも、お立ち寄り頂きありがとうございます056.gif

[PR]
by snow3grandma | 2014-04-17 23:51 | 日々のこと | Trackback | Comments(26)

花を愛でて…思うこと

3月の末日、娘が頂いてきた花束。
前職場の皆様の温かいお気持ちが伝わって、
春色のチューリップや、スイトピーが、
お部屋の空気を安らかなものに変えています。
d0280520_10410616.jpg
2011年の1月に臨時職員として、
役所で働きはじめ、
その3月、仕事にも慣れてきた頃、
東日本大震災が起こりました。
その混乱の中、
役所から招集がかかった後、
強い余震に耐えながら、
仕事を辞めずがんばってきました。
d0280520_10474805.jpg
その頃、電気とガスは通っていたものの、
住んでいる地区の水道の復旧が遅れ、
空間放射線量も少し高い時期でした。
いろんな迷いもあり、
この土地に戻ることも悩んだと思います。

2歳の娘と二人、
自衛隊のお風呂や友人宅、私設保育所のお風呂を、
借りながら、支援物資を頂きながら、
なんとか暮らしていたといいます。

そして、その頃お世話になった、
名前も知らない方々には、
今も感謝の気持ちでいっぱいになります。

grandmaといえば、避難先で母が倒れ、
入院生活していたので、
週に一度、夫とともに、
物資を持って家に通っていましたが、
約2ヶ月間、普段の生活では、
何も手伝ってあげることは出来ませんでした。

娘にとっては、
人に助けられ、人にやさしさを
たくさん頂き、大きく成長した3年だったことでしょう。
d0280520_10553196.jpg
その娘、昨日から正社員として新しい職場に、
気持ちも新たに出勤して行きました。
d0280520_11032414.jpg
花のつぼみは、部屋の暖かさを感じて、
あっという間に開きます。
切り花の命は短いですが、
花からのメッセージは、
「ありがとう」だったり、「元気を出して」だったり、
受け取る人を優しい気持ちにさせるものです。
それが、花の人生の最大の仕事なのかもしれませんね。

人間の能力は、いろいろな体験や積み重ねによって、
開花していきます。
いくつになっても、これで終わりということは
ないのだと思っています。
フィギュアスケートの真央ちゃんのように、
一から基礎をやり直し、
また新たな「真央ちゃん」を創造していきましたね。
また、ふりだしに戻って、
新しいこと学んで、
また違う自分を発見できるといいと思います。
d0280520_11340514.jpg
新しい職場、新しいクラス…、
新生活を始める皆様は、
今、気持ちが張りつめていると思いますが、
「がんばらず」ゆるやかに、
慣れていって下さいね。


花を愛でて、
ふっと思ったこと。


053.gifいつも、お立ち寄り頂き、ありがとうございます♪

[PR]
by snow3grandma | 2014-04-02 12:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)

つぼみ

梅のつぼみは、
まだまだ小さいです。

さて、grandma、昨年は何していたかなぁ。
3月は、震災のあった季節。
3年の月日を経て、
最近、やっと少し緊張感が和らいだ気がします。

昨年の記事→春よ早くこいこい
d0280520_01165186.jpg

d0280520_01164480.jpg
白もくれんのつぼみも天に向かって
大きくなあれ。
d0280520_01170021.jpg
ちょこっとづつ近づいてくる
春の足音、
春の匂い、
五感をフルに使って、
感じてみましょう。

053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます056.gif


[PR]
by snow3grandma | 2014-02-26 11:08 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

「3匹のくま」お茶会♪

1年前の11月半ば、ブログを始めると決める前のこと。

介護、震災、原発事故、避難、母の死と、
度重なる事態が続き、
心の中につらさ、苦しさを
押し込めていました。

楽しんじゃいけない…、
何もしたくない日々、
何をしたらいいのかわからない日々。

ブログを見て気になっていた、
セラピストの「天使の森」のkeikoさんに
セッションをお願いし、
インナーチャイルドカードに出会って
最初に引いたカードが「3匹のくま」。

関連記事→インナーチャイルドを癒して
d0280520_22555431.jpg
「3ひきのくま」はイギリスの有名な童話です。
主人公の金髪ゴルディちゃんが森の中で、
くまの家を見つけます。
3匹のくま(父くま、母くま、子ぐま)の留守中に、
持ち物を順番に比べてみては、
子ぐまのいすを壊して、
子ぐまのおかゆを食べ、
子ぐまのベットで寝てしまうのです。
そこへ、くまたちが帰ってきて…。

童話を出している書店によって、
お話が少し違うようですが、
くまが怒って、ゴルディちゃんが逃げ帰るだけのものや、
逃げていくゴルディちゃんに、
くまがやさしく、「勝手に人の家に入ってはいいけない」とか、
「おかゆはもういいの?」と諭すようなものと
数種類あるようです。
d0280520_00391856.jpg
最初のセッションの時、
このカードを見ての第一印象は、
「くまの家に入れなくて、うらやましそうにしている女の子」でした。
それは、まさにその頃のgrandma。

もともと、一人が好き。
母の介護を始めて数年、友人と
遊びに行くより、
家でのんびり過ごすほうが
体が楽だと思っていたくらい…。

ところが、原発事故後の避難先で、
母が倒れて、入院、転院…、死。
シングルマザーの娘、孫のこと、
福島に住み続けていいのか…。
食べ物は…。
自分のことなど後回し、
泣いてるヒマも考えるヒマもなく、
毎日をやり過ごしました。

母を送って、新盆が終わった頃から、
一人でいることが無性に悲しくなって
しまいました。
でも、その気持ちをだれにも、
吐き出すことすら、
できなくなっていました。
もちろん、自分をねぎらうことも。
強がっていたんですね。
人に弱みを見せたくないって。
d0280520_00214581.jpg
セッションを受けて、
くまのカードに背中を押され、
昨年12月からブログを始めました。
そこから、一年、くまの家の扉(自分の殻)を
ひとつずつ開けていったのです。

今日、「3匹のくま」お茶会で、
この絵本を読んで頂いて、
ゴルディちゃんのように、
自分にぴったりな居場所探しをして、
欲望のままに動ける子供の心を忘れずに
生き続けることは、
大人になっても必要なんだなと、
思いました。

できない母親でいいんだ
悪い娘でいいんだ
私は私でいいんだ

オマケ
人形好きでもいいんだ(笑)
不思議ちゃんでもいいんだ(笑)

ナイナイアンサーで心屋仁之助が
言ってることみたいだ(^^;)


肋骨にひびが入って、
動けなかった数週間も、
自分が頑張らなくても、
物事は滞りなくうまくいきました。
しっかり、遊ばせてもらいました。
あはは、楽しい一ヶ月をありがとう♪

一年たって、カードの意味が解かって、
なんともスッキリ。
カードが「こうしたら、いいよ。」と
導いてくれていたのかも。

くまパン(チョコ入り)食べて、
明日からもガンバ!

◎くまパンは小名浜にあるbuーpe(ブーペ)さんのもので、お茶会のおみやげに頂きました◎
d0280520_00502451.jpg
keikoさんのお誕生日に、
幸せがいっぱい入るがま口を
プレゼント。

最近、がま口作りにはまってます。(なんだろ?)

053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます067.gif

[PR]
by snow3grandma | 2013-12-13 01:05 | 気づき、ひらめき | Trackback | Comments(6)

コルテ氏のグループセッションに癒されて(in福島)

PHIエッセンスの創始者である、
ドイツ人のアンドレアス・コルテ氏による
ホリスティックライトトリートメント
無料グループセッション2013in福島に
参加してきました。
(ホリスティックライトトリートメントとは、
フラワーエッセンスとエッセンスのキルリアン写真、
音(クリスタルボウルなど)、光を使ったヒーリング方法です。)


コルテ氏は、ハートを優しく開かせてくれるイルカや
クジラのエッセンス、花を傷つけずにエッセンスをつくることで有名です。
d0280520_23025441.jpg
そのコルテ氏は、チェルノブイリ原発事故の後、
汚染された地域を浄化する為にエッセンスを作ったといいます。

3.11後、すぐに福島を訪れたかったそうですが、
やっと実現することとなったのです。

grandmaは、フラワーエッセンスについては、
勉強したことはありません。
けれど、友人がヒーラーであったり、
インストラクターであったり、
フラワーエッセンスは、
いつも身近で使っているものです。
そして、今日、思いもかけず
セッションに参加できることとなりました。

コルテ氏のセッションは、普通は東京で行われて、
有料なのはいうまでもありません。
沢山の方々の努力の上で、
今回、無料セッションが実現したのでしょう。

不思議だったのは、
行われた会議室の廊下と室内の空気が
はっきり違うこと。

澄み切った空気というのでしょうか。
柔らかな空間、優しい空間が広がっていました。

朝からの頭痛で、
出掛けるのがいやだなと思う日でしたが、
セッションを受けて、
頭痛はすっかりなくなり、
帰る頃には、とても素敵な気分になっていました。
d0280520_23372506.jpg
使用のエッセンスは、
ネガティブなエネルギーを吸収するT1(ティーワン)エッセンスと
すべてを包み込むような普遍的な愛のイメージの
イルカのエッセンスでした。
イルカからのメッセージは、
波に乗るように、
人生を楽しもうよ。

子供も数名参加されていましたが、
皆、大人しく、ヒーリングを受けていました。

実際、子供がぐずっていたり、
情緒不安定な時に、
エッセンスを部屋に
スプレーするだけでも、
落ち着いたりします。

今回のコルテ氏ばかりでなく、
世界で活躍する方々から、
福島の土地や海に撒いて下さいと、
いろいろなエッセンスが届き、
この3年、多くの福島のヒーラーさんが
祈りとともに、
土地、海の浄化をしているのです。
d0280520_23264284.jpg
これからも、放射能に限らず、
地球、日本の汚染を少なくしていかなければと
思いを新たにするとともに、
まだ、心からは喜べない被災者の人たちへの
支援、応援を続けていけたら…と、
帰り道、夕暮れの空に誓っていました。

「自分も人も喜ぶこと続けよう。」


053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます056.gif



[PR]
by snow3grandma | 2013-12-04 23:35 | 気づき、ひらめき | Trackback | Comments(10)

京都の旅(テディベアフェス2013in京都観賞と出逢い)

下鴨神社の参拝を終えて、
鴨川沿いを少し歩いて、
目的の食事処を探しました。
鴨川は穏やかに流れ、川沿いの散歩道を歩く人。
少し暑いくらいな陽気です。
d0280520_2351259.jpg

大体、人はお腹が空くと機嫌が悪くなるようです。

目的の店までたどり着く前に、
年長の姉が疲れたらしく、
通りがかりの
「さば寿司」のお店に入ろうと言い出し…。
ところが、孫娘が「さば寿司」は食べられないので、
却下されることに。

しばらく歩くと、姉が「もうどこでもいいから」となり、
近くのお漬物とお味噌の美味しい和食処「葵匠」へ。
蔵を改装したという、漬物屋「田辺宗」併設のお店。

人気店だったようで、
待ち時間が長くて、
子供のお腹がいよいよ空いてきて、
機嫌が悪くなります。

すると、ママの機嫌も悪くなる…。

「京つけもの寿司御膳」美味しく
頂きましたが、写真を撮っている余裕がなく、
画像はありません(泣)

お腹が一杯になると、また、
みんな笑顔に戻りました(^^;)

日本は、食べるものの種類も量も、
困ることがないくらい豊富です。

飢餓なんて、ほとんどの人が知らないです。

少し待つことくらい、苦にならないように
したいものですよね。

ただし、子供連れの場合は、
大人目線の旅計画ではないほうがよいのかも。
そして、食事は早目ですね。

056.gif056.gif056.gif
夕方に、宿の近くの会場で開催中の
ジャパンテディベアフェスティバル2013in京都を訪ね、
ベアちゃんたちを鑑賞してきました。

そして、ブログで知り合った「Snowflake*」
naunaynさんのブース
にもお邪魔してきました。
d0280520_0312091.jpg

カラフルで小粒なクマちゃんたち。
d0280520_034121.jpg

naunaynさんのお友達の作家さんと
お二人での出展ブースです。
d0280520_0355561.jpg

naunaynさんは、
東海大学医学部付属病院の敷地内の、
骨髄移植のお子さんとそのご家族のための宿泊施設
「かもめのいえ」を支援されています。

ブログで運命?的に出逢い、
naunaynさんが与えられた境遇の中で、
考えたこと、行動したこと…、
それをブログで伝えていることに、
grandmaは深く共感を持ちました。

そして、クマちゃんの顔にとても惹かれて、
grandma家にお迎えしました。
過去記事→新入りくまちゃん

子供を失ったり…。
子供の病気、障害を受け入れたり…。
放射能の脅威だったり…。
愛着障害だったり…。

境遇は様々。

母として味わう
子供として感じた
恐怖や苦痛や孤独感。
通りすぎないとわからないこと。
でも、必ず朝がくること。
悪しきことも良きことになること。

grandmaも、
いろんなこと伝えていこうと、
思わせてくれた人でした。

京都に行くことも急に決まって、
あれよあれよといううちに、
出逢わせてもらえました。

こんなこと、あり得るんだ…。あり得たんです。

053.gifお立ち寄り頂き、最後までお読み頂きありがとうございます058.gif
[PR]
by snow3grandma | 2013-10-24 01:20 | おでかけ | Trackback | Comments(8)